返済が滞る・・どうしたらいいの?

30年にわたる住宅ローン返済の道のりで、養育費の増加、病気・事故による休職や離職、不景気によるリストラ、親の介護問題など、様々な理由から返済が苦しくなる場面が多々あると思います。そのような状況に陥ってしまった場合、あなたはどのように行動するべきでしょうか。

 

番目に検討すべきは住宅ローンの借り換えです。


 

借り換えとは、住宅ローンを現在の金融機関から他の金融機関で借り換えることをいいます。より金利の低い金融機関に借り換えることで返済総額を減らすことが出来ます。これはあとに出てくる解決方法のうち、金利分も含めた借入総額を圧縮する方法ですから、根本的な解決方法といえます
 

番目は住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や銀行などの金融機関に相談することです。

住宅ローンの借入先である住宅金融支援機構や銀行など金融機関に相談することが有効な場合があります。そして、金利の引き下げや返済期間の延長などの交渉をします。というのも、一時的な問題が原因であれば、金融機関によってはローン返済計画の見直しをしてくれることもありますので、返済不能に陥らずに済む可能性もあります。
このことをリスケジュールといいます。
 

3番目に債務整理を考えなくてはなりません。

債務整理とは借金を整理することですが、様々な手法があり、ここでは任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産について説明させていただきます。
 
任意整理は、住宅ローン以外の借金について、債権者と個別に交渉し、将来利息の免除等により、月の返済額を圧縮し、3~5年で完済できるようにすることです。また、利息制限法を超える利率で借入をしていた場合は、債務の圧縮や過払金返還請求ができる場合もあります。
個人再生とは、住宅を手放すことなく借金の大幅な軽減ができるという手続です。
自己破産とは、多額の借金により経済的に破綻してしまい、今後も返済できる見込みがない場合に、全ての債務を免れるというものです。

 

最後に任意売却です。

任意売却とは、住宅ローンなどの融資を受けている人がその融資の返済が困難になった場合に、各金融機関との合意に基づき、対象の不動産を任意に売却処分する手続です。競売よりも高値で売却される可能性が高く、引越費用が出る可能性もあり、引き渡し時期もある程度自由に決められるため、スムーズに新生活のスタートが切れます。
もし任意売却を選択する場合はなるべく売却の時期を遅らせる必要があります。新しい住居への引越費用、敷金・礼金、新たな生活をするための資金を貯金することができるからです。
すぐに任意売却をしないといけないと急かす業者も多いですが、すでに競売開始決定がなされている場合でなければ、その必要はありません。


その他のコンテンツをご覧になりたい方はこちら

■ 住宅ローンの返済が難しい方へ ■ 返済が滞る・・どうしたらいいの?
■ 一括(返済)請求・期限の利益の喪失について ■ 代位弁済・求償権の意味
   

 

 

ImgTop19.jpg

Copyright (C) 2013 奈良住宅ローン返済相談室/平方司法書士事務所 All Rights Reserved.