• HOME
  • 任意売却とは

このまま住宅ローンの滞納を続けると…

・金融機関から督促状が届いてしまった…
・このままでは競売にかけられてしまう…
・借金の返済が滞っているが、自己破産だけは避けたい…
 
今、このような住宅ローンのお悩みを抱えている方が増え続けています。
ではこのまま住宅ローンを滞納してしまうとどうなるのでしょうか?
 
 
仮に、あなたが住宅ローンや不動産を担保にした借入金の返済を滞納してしまった場合、あなたの自宅は競売にかけられてしまいます。
 
競売とは、住宅ローンなどの借金を返せなくなった場合に、債権者が裁判所に申し立てをすることで担保となっている土地や建物などの不動産を裁判所が強制的に売却してしまうものです。場合によっては自宅からの強制退去もありえます。 
 
また、競売になったからといって、あなたの借金が帳消しになるわけではありません。競売の場合は、普通に売却するよりも3~4割安い価格で叩き売られてしまうことがほとんどなので、マイホームの売却価格があなたのローンの金額に満たない場合は、その差額が借金として残ってしまいます。
 
そのため、あなたはマイホームを失った上に、多額の借金に悩まされることになるのです。
 
 

競売を避けるためには…

 
競売を避ける方法は主に2つです。
 
一つは個人再生という債務整理方法です。個人再生は住宅ローン以外の借金を大幅に減らすことができます。
つまり、住宅ローン以外の借金の返済に追われて住宅ローンの返済までお金がまわらないという方には大変有効な手段です。
 
 
 
しかし、住宅ローンの返済額自体は減額されないので、住宅ローンだけでも支払いが困難な場合は個人再生手続では問題を解決することができません。
そのような場合に残された切り札が任意売却です。
 

任意売却とは

任意売却とは、自宅などの不動産を所有者自らの意思で売却をして、住宅ローンを返済する方法です。任意売却は通常の不動産の売却と同じように一般の市場で売却を行うので、競売のように通常の売却価格よりも3~4割安く叩き売られてしまうことはありません。したがって、競売になるよりも借金の金額を減らすことができます。
 
また、交渉次第でマイホームを出て行く際の引越費用がもらえる可能性があり(競売では引越し費用は出ません。)、残った借金を月々の分割払いにできる(競売では一括での返済を求められます。)といったメリットがあります。
 

任意売却と競売の違い

売却価格

競売の場合、通常より大幅に低い価格、約3~4割安く売却されてしまい、任意売却よりも残債務が多く残ってしまいます。

退去時期

任意売却なら、債権者、購入者と退去時期について協議できますが、競売では、競落者は裁判所より明渡命令を取得できますので、必ず退去させられます 。
 

プライバシー

競売の場合、新聞・業界紙・インターネットなどで物件情報が公表されてしまうため、ご近所の方に競売になっていることが知れてしまうことがあります。
 

残債務の相談

任意売却なら、売却後、残債務の返済方法について、債権者と交渉が可能です。
 

引越し代

任意売却の場合、売却代金から引越費用を捻出することも可能ですが、競売の場合は、引越費用が一切捻出できないこともあります。
 
以上のように、競売に比べると任意売却は経済的にも精神的にも負担が軽くて済むのです。
 
 
 

当事務所が任意売却で選ばれる理由

① 任意売却以外の選択肢もご提案

当事務所は任意売却だけでなく、個人再生や任意整理など債務整理によりご自宅を売らなくて済む方法も模索いたします。通常の不動産会社では債務整理をすることはできないので、売却後に実は自宅を売らなくて良かったというケースも多くあります。まずは法律の専門化である司法書士にご相談下さい。
 

② 任意売却に強い不動産会社と連携

任意売却は債権者との交渉など、通常の不動産の売却よりも煩雑な手続が数多くあります。そのため、任意売却の経験が少ない不動産会社ではスムーズな売却ができず、競売に間に合わなかったというケースもあります。
当事務所では、仮に任意売却をすることになった場合も、提携の不動産会社と連携して、責任をもって対応させていただきます。
 
※不動産の仲介業務は提携の不動産会社が担当させていただきます。


その他のコンテンツをご覧になりたい方はこちら

■ 任意売却とは ■ 任意売却のメリット
■ 任意売却の流れ ■ 任意売却後の残債ってどうなるの?
■ 任意売却の費用  



 

ImgTop19.jpg

Copyright (C) 2013 奈良住宅ローン返済相談室/平方司法書士事務所 All Rights Reserved.